Home > 不動産投資の始め方 > これを知っているだけで保険代がなくなる!不動産投資で利用する「団信」とは?

これを知っているだけで保険代がなくなる!不動産投資で利用する「団信」とは?

(写真=Doubletree Studio/Shutterstock.com)

ご自宅をお持ちの方にとって、団信(団体信用生命保険)は、よく知られている保険でしょう。団信は、「マンションを購入した人が死亡したり、重篤な障害を負ったりしたら、ローンの残りは保険で相殺される」というものです。団信がカバーする保障内容は金融機関の商品によってもさまざまで、内容は手厚くなっている傾向といえます。生命保険に加入している人の中には、団信に切り替えた方がお得なケースもあり、保険の見直しとしても注目されています。

団信とは

団信とは、住宅ローンの契約者専用の生命保険のことです。保険料は金利に含まれているケースが多く、住宅ローンの金利に上乗せされます。住宅ローンの契約者が死亡したり、高度障害状態になってしまったりした場合、住宅ローンの残債分が清算され、遺族は住宅ローンを支払う必要がなくなるのです。

かつて、団信の保障内容は住宅ローン契約者が死亡・高度障害になったときの保障が多い傾向でした。そのため、一般的な病気やケガのために働けなくなったときは、保険の対象外となります。医療保険やガン保険に加入していても、保障してくれるのは医療費と生活費だけです。

住宅ローンの支払いは、貯金などを切り崩すしかなく、返済が困難になるというケースも少なくありませんでした。短期間ならば、なんとかなるかもしれませんが、長期療養を余儀なくされた方の中には、結果的に支払いが困難になり、家を手放すことになる人もいたのです。そういった背景もあって、就業不能時の住宅ローンをサポートしてくれる民間の保険や3大疾病保障付き・8大疾病保障付きの団信などが登場しています。

団信は残債をゼロにするだけではない

住宅ローンをサポートしてくれる保険もいいのですが、団信は以前とは異なり、保障内容が手厚くなっています。日本人の死亡順位ワースト3を占める「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」の3大疾病の保障が付いたものは標準的です。さらに「高血圧性疾患・糖尿病・肝硬変・慢性腎不全」が加わった7大疾病や、慢性膵炎を加えた8大疾病と診断され、所定の条件を満たした場合に支払われる団信もあります。

しかも、この疾病保障つきローンは、月々の住宅ローンの金利に少し上乗せするだけでOKです。2018年2月時点で三井住友銀行の場合は、通常の住宅ローンの金利は年1.50%です。しかし、8大疾病保障付住宅ローンになると年1.80%、さらに日常のケガ・病気保障特約をつけると年1.90%になります(元利均等返済・毎月返済のみ、超長期固定金利型、繰り上げ返済なしとして試算)。

具体的な月々の支払いは通常の住宅ローンを約9万6,500円とした場合、同じく約9万9,300円(プラス2,800円)、約10万300円(プラス3,800円)です。この増額分でカバーしてくれるなら、お得といえるかもしれません。このほかにも、ガン保障付住宅ローン(プラス年0.2%)や日常のケガ・病気保障特約(プラス年0.1%)といった少額プランもありますので、気軽に保障をプラスできそうです。

ただ、通常の生命保険と同様、団信でも健康上の問題を抱えている人は、加入できないことがあります。こうした人のために、加入条件を緩和する代わりに保険料が割増となる団信(ワイド団信)もあります。銀行によって取り扱いに差がありますが、みずほ銀行の場合は、51歳未満の人なら住宅ローン金利にプラス0.3%で加入できるようになっています。上述の例で考えると、月にプラス5,000円程度の負担です。

不動産投資をすると生命保険がついてくるのは一石二鳥

ある生命保険会社で持病のない35歳男性が日額1万円の終身医療保険および終身ガン保険を加えると、月々の支払いは6,500円程度でした。先述の団信では最も手厚いものでもプラス3,800円程度、持病がある場合はプラス5,000円程度です。そう考えると、団信は使い方によっては本当にお得な保険といえます。結果的に、生命保険料まで安くなるので、まさに一石二鳥です。団信は積極的に利用を検討したほうがよい保険といえそうです。

>> 4棟所有の現役不動産投資家などに【無料】で話を聞く!東京開催

【オススメ記事】
サラリーマンが不動産投資をすべき3つの理由
不動産投資を始めたい人に勧めたい本5選
不動産投資を始める3つのメリット
失敗しないための不動産投資セミナーの選び方
こんなときはどうする? 不動産投資家のよくある悩みと解決策