Home > 物件管理・修繕 > ポイントチェック!不動産投資家なら選びたい信頼できるリフォーム会社

ポイントチェック!不動産投資家なら選びたい信頼できるリフォーム会社

(写真=bogdanhoda/Shutterstock.com)

古くなってきた物件のリフォームを行うオーナーさんは多いのですが、頭を悩ますのが信頼できるリフォーム会社を探すことではないでしょうか。テレビのバラエティ番組などで、有名芸能人が古い民家などをリフォームし、見違えるように生まれ変わらせるような企画が高い視聴率を取っています。

よりリフォームを身近に感じる人も増えてきたようですが、リフォーム業界は、手抜き工事や着手遅れなど、いろいろとトラブルが多いことでも知られています。どうすれば、信頼できるリフォーム会社を見つけることができるのでしょうか。

職人気質が残る業界

リフォーム会社の中には、「ひとり親方」でやっているところがあります。また、職人出身の社長さんが経営している会社もあるでしょう。職人気質(かたぎ)という言葉があります。基本的に自分の技術に自信があって自分が納得するまで仕事をするような特有の気質を指しており、簡単にいえば「頑固」で「一徹」な人たちです。一般的には「気難しい」「コミュニケーションを取るのが難しい」というイメージを持たれがちですが、当たらずも遠からずといったところでしょう。

職人気質の人たちに「いい仕事」をしてもらうためには、仕事の内容に全幅の信頼を置きながら、彼らの考えや、やり方を尊重して仕事を進めていくことが必要です。全幅の信頼を置くとはいえ「丸投げ」にするのではなく、リフォーム完了まで状況はしっかりと把握してください。また、接し方を間違えると思わぬところで手抜き工事をされる可能性がありますから注意してください。

チェックするポイントは決して特別なことではありません。例えば「電話での応対」「メールでのやりとり」「打ち合わせの日時を守るか」など、社会人としての基本的な部分で「仕事相手にふさわしいかどうか」を見極めるようにします。

実績や提案価格が常識的か

現代は高度なネットワーク社会ですから、リフォーム会社を判断するうえで、その会社のホームページがしっかりしているかどうかも、ひとつの判断材料となるでしょう。過去のリフォーム事例のビフォー&アフターを、写真などを使って示していればチェックしておくことをおすすめします。これまでに、「どのような仕事をしてきたのか」がわかりやすいですし、それなりにリフォーム技術に自信を持っていることも把握できるでしょう。

また、複数の会社から相見積もりを取ることも大切です。「細かい項目ごとに価格を出しているか」「内容説明が丁寧でわかりやすいか」「提示された価格は適正か」など、各社の見積もりを比較しながら、リフォーム会社を判断します。「リフォーム一式○円」などと、ざっくりした提案をしてきた会社は、見積価格が安く魅力的だったとしても、注意が必要です。

資格を持っている職人や営業マンがいるか

リフォームに関する資格保有者が会社に在籍しているかどうかもポイントになるかもしれません。内装工事に関しては、建築士や建築施工管理技士、第二種電気工事士、インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネジャーなどの資格です。塗装工事では、建築塗装技能士、防水工事では、防水施工技能士や雨漏り診断士などになります。

優れたリフォーム営業マンに与えられる認定資格であるリフォーム提案士という資格もあります。さらに、建築図面を理解でき、ソフトウェアを駆使してリアルなパース画と説得力のある提案書を作成できるスペースデザイナーという資格を持っている人もいるので注目です。

簡単なリフォームなら自分でやってみる

本格的なリフォームは難しくても、部分的なら素人でもできるリフォームがあります。「コンセントカバーや照明の取り替え」「キッチンの収納扉や洗面所の床シートの貼り替え」「窓枠や浴室の塗装、温水洗浄便座の取り付け」などは意外と簡単に自分で行うことも可能です。センスのよい部材をインターネットで探して購入し、自分で取り付けることができれば、格段に安上がりになります。時間のある方は自分でチャレンジしてみるのもひとつの方法かもしれません。

今回は信頼できるリフォーム会社について考えてきました。地球温暖化を始めとする環境問題に対する意識の高まりから、ごく一般的な人や企業の間でも「持続可能な社会の実現に向けた取り組みが広がっています。不動産業界において、リフォームやリノベーション物件が増えていることは、こうした動きと無関係ではありません。

不動産投資家として、「物件をリフォームして使い続けること」「リノベーション物件に投資すること」は、社会に役立つ行動といえます。優良なリフォーム業者を選ぶためにはリフォームやリノベーションの実績が重要です。さらに、「信用できる人間性か」を見極めてリフォーム業者を選ぶようにしましょう。

>> 4棟所有の現役不動産投資家などに【無料】で話を聞く!東京開催

【オススメ記事】
サラリーマンが不動産投資をすべき3つの理由
不動産投資を始めたい人に勧めたい本5選
不動産投資を始める3つのメリット
失敗しないための不動産投資セミナーの選び方
こんなときはどうする? 不動産投資家のよくある悩みと解決策